日本の伝統的仏壇といえば、漆塗りに金箔という製作方法でしたが、昭和40年から50年頃より黒檀、紫檀、鉄刀木などの海外から輸入された唐木材を使用したお仏壇が納められています。また、生活空間の一部として室内に置けれるような、家具感覚の木肌をみせた造りが好まれる傾向になりました。
 
 
 
   
     
   
     
   
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
   
 
     
   
     
 
     仏間の無い方には、押入れや洋服ダンスなどを仏間に改造するご提案や、その作業を責任を持っていたしております。お気軽にご相談ください。      
           
   
TOPへ 諏訪型穴山製仏壇 塗り替え・洗濯